得意の平均台を練習する山本七海さん=鳥栖高体操競技場

 鳥栖(とす)体操(たいそう)クラブから体操女子の期待の星が現(あらわ)れました。第12回全国ブロック選抜(せんばつ)U-12体操競技選手権(きょうぎせんしゅけん)大会の個(こ)人(じん)総合(そうごう)で2位に輝(かがや)いた山本七海さん(12)=福岡市(ふくおかし)博多区(はかたく)。種目別の平均(へいきん)台とゆかでは優勝(ゆうしょう)を飾(かざ)り、U-12指定育成選手に認定(にんてい)されました。

 大会は11月11、12の両日、山梨県(やまなしけん)緑(みどり)が丘(おか)スポーツ公園体育館で開催(かいさい)。昨年も出場したが、ミスが響(ひび)いて15位と入賞を逃(のが)し、その悔(くや)しさを忘(わす)れませんでした。今年4月、九州各地から集まった小学4年~中学3年が出場する藤島杯で小学6年生ながら種目別を次々に制(せい)し、個人総合(こじんそうごう)で優(ゆう)勝(しょう)。今回の全国大会では「今年最後の大会だからのびのびと演技(えんぎ)しよう」と高い集中力を発揮(はっき)し、ノーミスの演技で全国トップレベルに駆(か)け上(あ)がりました。

 4歳(さい)から体操(たいそう)を始め、小学2年から鳥栖体操クラブに。自宅(じたく)のある福岡市から毎日、鳥栖高校の体操場に通い、「いろんな技(わざ)に挑戦(ちょうせん)するのが楽しい」と意欲(いよく)的に打(う)ち込(こ)んでいます。(11月28日付20面)

このエントリーをはてなブックマークに追加