■勝利で締めくくりを!
 2月に開幕し、約9カ月間に及んだリーグ戦もいよいよラスト1試合。鳥栖は札幌に乗り込む。今季はアウェーで勝てず苦しんできたが、来季につなげるためにも、しっかり勝利で締めくくりたい。

■DATABOOK
 11月26日の磐田戦が今季ホーム最終戦となったサガン鳥栖。ホーム戦全17試合の累計入場者数は24万1295人となり、J1に参入した2012年以降最多だった14年の24万323人を抜いて記録を更新した。
 最も多くサポーターが詰め掛けたのは「レディースデー」としてピンク色の記念ユニホームを来場者全員に配った横浜M戦。2万1245人がベアスタをピンクに染め、勝利を後押しした。プレゼント企画の人気は高く、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスとの「鷹の祭典」コラボユニホームを贈った8月の大宮戦に1万4816人、チーム創設20周年記念ユニホームを配ったFC東京戦には1万9476人が訪れた。
 このほか「筋書きのないスタジアム」と題したユニークな試みも。観戦に見合う金額を後払いしてもらう「値段のないスタジアム」(札幌戦)、勝利時のスコアと得点者を予想する「最終章を当てろ」(甲府戦)などが話題を呼び、フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!!onICE」、人気漫画「キングダム」とのコラボ企画も盛り上がった。
 今季チームはホーム戦で11勝。フィッカデンティ監督は「近くで支えてくれるサポーターの声をモチベーションに戦うことができた」と感謝する。来季もスタジアムをサガンブルーに染め、最高の雰囲気で選手たちを後押ししたい。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加