トヨタ紡織九州レッドトルネードの特集号を手に取るSKホークスの選手たち=佐賀市天神の佐賀新聞社

 韓国のハンドボールチーム「SKホークス」の選手や監督ら18人が9日、佐賀市天神の佐賀新聞社を訪問した。県の国際スポーツ大会キャンプ招致事業の一環で来佐した。14日まで日本ハンドボールリーグのトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)と強化合宿を行う。

 佐賀新聞社では坂田勝次常務取締役が「交流を通してハンドボールがよりメジャーになることを期待したい」と歓迎。監督のオウ・セイルさんは「合宿を通じて互いに高め合いたい」と話した。

 チームは同日、神埼市役所も表敬訪問した。10日午前10時から神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナで中高生を対象にハンドボール教室を開催、同日午後3時からチャリティーマッチを行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加