バスケット部集合写真

バスケ部の新キャプテン、青木優さん

 唐津工業高バスケットボール部は今年6月、県総合体育大会でノーシードから接戦をものにし、2年ぶりのベスト4に進出した。
 注目選手は機械科2年の青木優さん(唐津第一中学校出身)だ。新チームのキャプテンでありエースである青木さんの武器は、高確率な3ポイントシュートと素早いドライブだ。青木さんは県高校総体で2年連続、終了間際に試合を決定付ける逆転シュートを決めた。勝負事に強く、追い込まれた状態でも冷静に判断するメンタルや経験値を兼ね備えている。
 青木さんがバスケを始めたきっかけは、小学生の時の体育の授業でバスケをして楽しかったことだ。そこから本格的に始めて必死に練習をしてきた。今でも毎朝、体育館に来て自主練をしている。
 青木さんがバスケを好きな理由は、ゲームの展開が速く得点がたくさん入るから、ベンチやギャラリーで応援してくれる皆の思いを背負ってより一生懸命プレイできるから、そして女の子にモテるからだ。
 顧問の籾井宏一(もみいひろかず)先生は「スピードがあり、安心してゲームを任せられるが、もっと成長できる」と大いに期待している。
 新チームになっての目標は、県で優勝することだ。(生徒会3年 住田自然(こうだい))

このエントリーをはてなブックマークに追加