グループごとに「回し読みワークショップ」を体験する参加者=佐賀市の佐賀新聞社

 新聞を使った学校教育のノウハウを学ぶ「新聞活用セミナー」(佐賀新聞社主催)が28日、佐賀市の佐賀新聞社であった。富吉賢太郎佐賀新聞社専務の講演のほか、参加者全員によるワークショップを行い、新聞を教育に生かす手法を共有した。

 富吉専務は「新聞記事で考えること」と題して講演。「授業は脱線することが面白い。その材料に新聞が役立つ。ぜひ使い倒して」と語り、活用を呼び掛けた。当日付の新聞の中から気になった記事をグループで紹介し合う「回し読み新聞」のワークショップもあった。参加した教諭らは「多様な見方を知ることができ興味深い」「コミュニケーションの糸口になる」などと口々に感想を述べた。

 県NIEアドバイザーの光武正夫厳木中教頭は「先生方には率先して新聞を読んで、授業に生かしてもらいたい。また、新聞社は授業に使いやすい紙面を意識してほしい」と総括した。セミナーには教職員ら15人が参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加