左より、感謝状を受けた佐賀商業高の吉松幸宏校長、佐賀税務署の中野浩二署長=佐賀市神野東の佐賀商業高

 税に関する教育を長年行ってきた佐賀商業高(吉松幸宏校長)はこのほど、福岡国税局長から感謝状を受けた。

 15年間続けた税に関する作文の応募や、3年生を対象にした租税教室の実施が評価された。ほかにも同校は、未成年飲酒防止の啓発キャンペーン(国税当局後援)に2004年から協力している。

 山口小百合教頭は「毎年、卒業前に租税教室を開いている。社会へ出る前に、税の知識をしっかり学んでもらえるよう続けていきたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加