地区の花壇づくりにも取り組んでいる「永島・溝ノ上長寿会」のみなさん

 武雄市武雄町の「永島・溝ノ上長寿会」は、高齢者の生きがいと健康づくりを目的に活動する会員約60人の団体です。月1回の定例会、年2回の研修旅行のほか、小学校での昔遊び指導や放課後の見守り、町主催の介護予防教室やグラウンドゴルフ大会などにも積極的に参加しています。

 「とにかくいきいきと健康志向で無理をせず楽しいことをして、みんな仲よいことが活動を継続する秘けつ」と会長の蒲地常則さん。会員減で閉会する会も増える中、活発に活動されています。

 今後はより楽しく集まれるよう、外部講師を招いた勉強会なども計画するそうです。(地域リポーター・小林由枝=武雄市)

このエントリーをはてなブックマークに追加