山口知事から表彰状を受け取る体育功労者ら=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 県体育協会体育功労者と第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の入賞監督の表彰式が28日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀であった。

 本年度の体育功労者は各市町や競技団体が推薦した10人で、国体入賞監督は27人(入賞数38)。県体協会長の山口祥義知事は一人一人に表彰状と記念品を手渡し、「佐賀国体に向けた強化にオール佐賀で取り組む。今後もそれぞれの持ち場で頑張ってほしい」と各競技のさらなるレベルアップに期待を示した。

 このほか、国体が開かれた愛媛県で横転した車を持ち上げ、運転していた男性の救助に一役買った相撲競技の佐賀県選手団を特別表彰。佐賀女子高新体操部元監督で県体協競技力向上委員会委員長を15年間務めた光岡三佐子氏(78)に感謝状を贈り、長年の功績をたたえた。

このエントリーをはてなブックマークに追加