サッカー・J1サガン鳥栖は29日、DFチョン・スンヒョン(23)が東アジアE-1選手権に挑む韓国代表メンバーに選ばれたと発表した。

 チョン・スンヒョンは6月に韓国の蔚山現代FCから鳥栖に加入。センターバックとしてここまでリーグ戦15試合に出場している。

 10月に続く代表選出で、チョン・スンヒョンはクラブを通じ、「最善を尽くしていい結果を持って帰れるよう頑張る」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加