グランドチャンピオンのカップを手にする吉岡眞由美さん=佐賀市の佐賀新聞社

 唐津市の相知交流文化センターで19日に開かれた第21回九州歌謡選手権で、伊万里市の吉岡眞由美さん(66)がグランドチャンピオンに輝いた。吉岡さんは「ずっと目指してきた賞をもらえて驚いた」と喜びを語る。

 吉岡さんは子育てが落ち着き自分の時間ができた8年前にカラオケを始めた。多久市の希望彰さんに師事し、「門下生と一緒に介護施設や老人ホームへカラオケボランティアに行くのも楽しみ。笑顔や涙にパワーをもらう」と話す。

 県大会を勝ち抜いた歌い手たちが年代や曲別で6部門に分かれて競い、各部門での優勝者がグランプリ大会でグランドチャンピオンを懸けて激突する。吉岡さんは昨年長崎県であった大会で部門優勝し、今年初めて挑戦したグランド大会で最高賞のグランドチャンピオンを獲得した。

 吉岡さんは「将来は、こんなわくわくや喜びを生徒に伝えられるような指導者になりたい」と夢を膨らませる。

このエントリーをはてなブックマークに追加