上峰町は29日、8日に開会する定例議会に提案する一般会計補正予算案を発表した。補正額は5億9468万9千円の増額で、補正後の総額は123億1610万円。主な事業は、ふるさと納税費に5億5814万円、住民基本台帳やマイナンバーのシステムを改修するアクロシティ改修委託料に826万円、子どもの医療費助成に840万円など。定例議会にはこのほか、町職員の給与に関する条例の一部改正案など10議案を提案する。

このエントリーをはてなブックマークに追加