【Reiko’sコメント】
シチュー(煮込み料理)と違い、チャウダーは主に魚介や野菜を使ったスープ料理。有名なアメリカのクラムチャウダーは、二枚貝と野菜のスープですが、今回は旬のサケと皮ごとの長芋を入れ、米粉で優しいとろみをつけたフィッシュチャウダーにしました。野菜も小さめに切り、煮込み時間も短いので手軽に作れます。寒さに向かい、温かい汁物がおいしい季節がやってきました。

【材料】(2人分)

生サケ切り身・・・・・・・・・・・・・2切
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

 

米粉・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
※かたくり粉で代用可     
タマネギ・・・・・・・・・・・・・・1/4個
白ネギ・・・・・・・・・・・・・・・1/4本
生シイタケ・・・・・・・・・・・・・・2枚

【A】
長芋・・・・・・・・・・・・・・・・100g
ホールコーン・・・・・・・・・・・・・80g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・100cc
コンソメ(固形)・・・・・・・・・・・1個
 


牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・400cc
塩こしょう・・・・・・・・・・・・・適量
白ネギ(葉の部分)   
         ・・・・・・・・・・・・適量
オリーブオイル・・・・・・・・・・・適量


【下準備】

・サケはひと口大に切り、少量の塩をまぶしておく。
・タマネギ、白ネギはみじん切り、生シイタケは薄切り、白ネギの葉は斜め薄切りにする。長芋はたわしでよく洗い、皮ごと1cm角に切る。

 

【作り方】

(1)サケの水気を拭き、米粉を両面に薄くまぶす。まぶして余った米粉は取っておく。

(2)鍋にオリーブオイルを入れ、斜め薄切りにした白ネギの葉の部分をサッと炒めて取り出す。ネギの香りが移ったその油で、1のサケを両面カリッと焼き、取り出しておく。

(3)2の鍋にオリーブオイルを足し、タマネギ、白ネギ、シイタケをしんなりするまで炒め、Aを加えてひと煮立ちさせる。

(4)1で余った米粉を牛乳で溶いて3に加え、かき混ぜながら煮る。沸騰したら弱火にし、さらに10分煮る。

(5)2のサケとネギを鍋に戻し、ひと煮立ちしたら塩こしょうで味を調える。

【POINT】

 

生臭さを消すために、彩りで入れる白ネギの葉の部分をサッと炒めたネギ油で、米粉をまとわせたサケを焼きましょう。いったん取り出し仕上げにスープに加えれば、形崩れせず、おいしく食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

【DATA】
大間 礼子さん 
「旬菜クッキングサロンREIKO」主宰。フードコーディネーター、料理研究家。
HP http://ameblo.jp/reivege
 

このエントリーをはてなブックマークに追加