日本ハムが、巨人から戦力外通告を受けた実松一成捕手(36)に獲得を打診していることが28日、分かった。選手兼任コーチなどを含めた指導者としても期待している。合意すれば2005年シーズン以来の古巣復帰となる。

 実松は佐賀学園高から1999年にドラフト1位で日本ハム入団。06年3月にトレードで巨人に移籍した。今季は14試合の出場にとどまったが、通算19年で510試合に出場している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加