完成したタウンページを手にする学生=佐賀市の佐賀大学本庄キャンパス

 佐賀大学経済学部の学生が協力して制作した職業別電話帳「タウンページ」佐賀県版が完成し28日、佐賀市の同大学で発刊式があった。3年生10人が表紙のデザイン作成や特集の企画、取材に携わった。県内で32万7千部を配布する。

 NTTタウンページが昨年に続き、佐賀県版を同大学と共同制作した。表紙にはバルーンの写真を大きく掲載し、学生が手掛けた観光スポットや飲食店の紹介コーナーがある。発刊式では川添集さん(20)が「知らなかった佐賀の魅力に触れることができ、ますます愛着が湧いてきた」とあいさつした。 

 NTTは固定電話のある家庭や事業所以外へのタウンページ配布を拡大しており、今回は佐賀市内に全戸配布する。NTTタウンページの三上敬司九州営業本部長は「読者層が広がってきており、若者目線のきらりと光るコンテンツをこれからも掘り起こしてほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加