■役に立たない人間はいない 国立ハンセン病資料館(東京都)や全国で語り部活動を続ける元患者の平澤保治さん(89)が11月20日、佐賀市で「苦しみは歓(よろこ)びをつくる」と題して講演した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加