「幼児期から考える発達障害児の移行支援」をテーマに意見を交わしたパネルディスカッション=佐賀市の西九州大神園キャンパス

 西九州大学、同短期大学部の「子ども研究ネットワーク」研究大会が23日、佐賀市の神園キャンパスで開かれた。発達障害児の指導に携わる専門家が、子どもの将来を見据え、幼児期からの切れ目ない支援の重要性を訴えた。

 佐賀大大学院の日野久美子教授は、元小学校教員として「まなびの教室」で発達障害児の通級指導に携わった経験をエピソードを交えて紹介。発達段階に応じて園や学校が情報共有する縦の連携と、学校や家庭が役割を明確にし、分担する横の連携が必要とした。

 県内で支援学級が増えている現状に触れ、「単なる個別指導ではいけない。子どもの将来にとって今何が必要なのか、意識して関わることが重要」と指摘。「発達障害の子は自分のことをきっちり伝えられないもどかしさがある。身近な存在として”通訳者”になりたい」と語った。

 発達障害児の通所サービスにあたる佐賀整肢学園からつ医療福祉センターの小崎久美子さんと、長崎県佐世保市の保育園に未就学児の通級指導教室を開設した麻生晴美さんの報告もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加