第12回全国ブロック選抜U-12体操競技選手権大会で個人総合2位に輝いた山本七海さん=鳥栖高体操場

得意の平均台を練習する山本七海さん=鳥栖高体操競技場

 鳥栖体操クラブから体操女子の期待の星が現れた。第12回全国ブロック選抜U-12体操競技選手権大会の個人総合で2位に輝いた山本七海さん(12)‖福岡市博多区。種目別の平均台とゆかでは優勝を飾り、U-12指定育成選手に認定された。

 

 大会は11、12の両日、山梨県緑が丘スポーツ公園体育館で開催。昨年も出場したが、ミスが響いて15位と入賞を逃し、その悔しさを忘れなかった。今年4月、九州各地から集まった小学4年~中学3年が出場する藤島杯で小学6年生ながら種目別を次々に制し、個人総合で優勝。今回の全国大会では「今年最後の大会だからのびのびと演技しよう」と高い集中力を発揮し、ノーミスの演技で全国トップレベルに駆け上がった。

 4歳から体操を始め、小学2年から鳥栖体操クラブに。自宅のある福岡市から毎日、鳥栖高校の体操場に通い、「いろんな技に挑戦するのが楽しい」と意欲的に打ち込んでいる。

 小学生から高校生、ときには社会人までが共に練習する鳥栖体操クラブ。同世代の選手と刺激し合い、自分よりうまい年上の選手をお手本にできる。山本さんもそんな環境で実力を磨いている。将来については「村上茉愛選手や宮川紗江選手みたいに難しい技を決められるようになりたい」と、さらに大きな舞台を夢見る。

このエントリーをはてなブックマークに追加