鳥栖-磐田 前半、激しく競り合う鳥栖FWイバルボ(中央)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 ホーム最終戦を笑顔で飾ることはできなかった。鳥栖はリーグ最少失点を誇る磐田の守りを崩せず完封負け。フィッカデンティ監督は「(磐田は)試合巧者だった。勉強になったと前向きに捉えたい」と悔しさを押し殺して語った。

 試合は早々に動いた。前半1分、磐田MFアダイウトンがゴール前に送ったクロスボールの処理ミスがオウンゴールとなり、「イメージしていた展開を書き替えざるを得なくなった」(フィッカデンティ監督)。ボランチを2人に増やし、相手のカウンター攻撃に対応しながら反撃した。

 ただ、試合前に警戒していた個の能力の高さを見せつけられた。後半11分、アダイウトンにドリブル突破を許し、GK権田が防いだこぼれ球をゴール前に駆け込んだFW川又に決められた。

 MF原川が「相手が嫌がるプレッシャーをかけ続ける」と意気込んでいた通り、選手たちは球際で激しく競り合った。だが、速いパス回しでゴールに迫ってくる磐田に圧力を受け、「攻撃でバタバタしてしまった」(MF高橋)。MF小野も「一つ一つのパスの精度をもっと高めなければ…」と悔やんだ。

 相性のいいホームでの連戦で、今季2度目の連勝を期したが、磐田に封じ込められた。「しっかり切り替えて最終戦で札幌に勝つことだけを考える」と小野。北の大地で奮闘することを誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加