農産物の即売などでにぎわった食と農業まつり=有田町

 「有田・食と農業まつり」が26日、有田町役場一帯であった。採れ立ての農産物即売や、地元の食材をふんだんに使っただご汁の振る舞いなどでにぎわった。

 町やJAなどが実行委員会をつくり、毎年行っている。農産物の即売では、大根や白菜などの旬の野菜が並び、女性らが品定めしながら次々に買い求めた。特産の戸矢カブや里芋、ゴボウなど、地元農家が丹精込めた野菜や肉がたっぷり入っただご汁の振る舞いでは、開始前から多くの人が並び、「熱くておいしい」などと話しながら実りの秋に感謝していた。

 このほか、町内グループの舞台発表や野菜の品評会などがあり、会場は終日にぎわった。

このエントリーをはてなブックマークに追加