トヨタ紡織九州-トヨタ自動車東日本 前半、相手の突破を阻むトヨタ紡織九州のPV酒井翔一朗(中央)=神埼中央公園体育館

 第42回日本ハンドボールリーグ第13週第2日は25日、神埼市の神埼中央公園体育館などであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)はトヨタ自動車東日本(宮城県)を27-24で破り、今季3勝目を挙げた。通算成績は3勝2分け10敗。順位は暫定8位のまま。

 トヨタ紡織九州は前半、連続失点で一時は6点差までリードを許したが、相手の反則で数的優位に立つとRB中畠嘉之の連続ゴールなどで5連続得点を挙げて追いつき、14-14で折り返した。後半はLW梅本貴朗の3連続得点で先行。GK岩下祐太の好セーブでリズムをつかむと、RB松浦慶介が鋭いカットインからシュートを決めて、相手の猛追を振り切った。

 トヨタ紡織九州は第14週第1日の12月2日午後2時から、沖縄県の宜野湾市立体育館で琉球コラソン(沖縄県)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加