講演する白川美也子さん=小城市の小城保健福祉センター桜楽館

 小城市の小城保健福祉センター桜楽館で23日、女性に対する暴力防止講演会が開かれた。こころとからだ・光の花クリニック(東京都)の白川美也子院長が家庭内暴力(DV)被害者や二次的被害者でもある子どものケアについて、約180人の聴衆に語りかけた。

 白川さんはトラウマや心的外傷後ストレス障害(PTSD)の専門家。「相手の気持ちに共感できないと良い治療はできない」と、支援のこつを紹介した。

 同市の三日月中学校合唱部21人による「いのちの歌」「明日はきっといい日になる」の合唱や、助産師の宮永奈々美さん(同市)の講演もあった。

 子どもの支援に携わっているという同市の古賀尚子さん(53)は、「子どもの心理の仕組みについて勉強になった。より理論を学ぶ必要性を感じた」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加