末安伸之町長から「みやき町プロモーション大使」の委嘱状を受けるテノール歌手の宮原健一郎さん=みやき町の北茂安小

 みやき町は25日、同町出身のテノール歌手宮原健一郎さん(27)に、「みやき町プロモーション大使」を委嘱した。同大使の委嘱は初めて。宮原さんはコンサート活動などを通じ、同町の認知度アップを担う。

 同大使制度は、町出身やゆかりのある著名人を通じて町の歴史、文化、自然などの魅力を広く発信し、町のイメージアップを図ろうと創設した。

 宮原さんは同町出身で、東京芸術大卒。全国のコンサートやミュージカルに出演するほか、「みやきファミリー音楽祭」や町内の小中学校で公演を開くなど地元でも活動する。19日に開かれた「寛仁親王牌童謡こどもの歌コンクールグランプリ大会」で銅賞を受賞するなど活躍している。

 宮原さんの出身校である北茂安小で開かれた委嘱式では、末安伸之町長が委嘱状を授与した。宮原さんは「みやき町の魅力を発信することはもちろん、町内の芸術文化が盛り上がるよう力を尽くしたい」と抱負。末安町長は「町のPRだけでなく、夢を追いかける子どもたちの手本にもなってもらいたい」と期待した。

 式の前には、福寿キンカンの苗を植樹。式後は「ふるさとコンサート」が開かれ、宮原さんが「サークル・オブ・ライフ」など約10曲を披露した。

このエントリーをはてなブックマークに追加