たのしい農家「お百笑さん」が運営する「百笑茶屋」の卵ご飯のセット「百笑卵手箱」

 水車で精米したコメを土鍋で炊き、栄養価の高い卵で卵ごはんを作る。地元特産の若楠ポークと野菜の豚汁と、自家製の南高梅の梅干し、完熟梅と砂糖とみそを熟成させた梅みそが添えられる。こんなぜいたくな卵ごはんセットが「百笑卵手箱」(702円)。武雄の梅農園「たのしい農家 お百笑さん」が運営する「百笑茶屋」が提供している。

 「素材にはこだわってます」とオーナーの大古場美由紀さん(50)。使用米のヒノヒカリは信頼する農家の契約栽培。卵は梅園で飼育している南米チリ原産の鶏「アローカナクロス」で、レシチンやビタミンなどの栄養価が高い。梅製品はすべて完熟の南高梅を無添加、無着色で仕上げる。卵ごはんはまずはしょうゆをかけず、梅みそだけでいただきたい。ほどよい甘さと酸味がよく合う。

 ピザも2種(各648円)。梅みそとマヨネーズを混ぜたソースをベースにした和風はシャケフレークやチーズ、刻みのり、削り節などをトッピングする。梅を使ったジュース、サワー、しょうが湯などのほか、フルーツソースを乗せたヨーグルトなどのデザートも。ドッグランも併設。

 

店名  百笑茶屋
住所  武雄市若木町本部(国道498号若木郵便局前交差点を西進1キロ)
営業時間  10~17時
定休日  水曜
電話  0954(26)2044

 

このエントリーをはてなブックマークに追加