屋外プールを見学するカナダ水泳連盟の視察団=佐賀市の県総合運動場水泳場

 2021年に福岡市で開催される世界水泳選手権のキャンプ地候補を視察するため24日、カナダ水泳連盟の視察団5人が佐賀を訪れた。県総合運動場の水泳場などを見学し、施設の設備や交通の利便性も踏まえて検討する。

 視察団はプールのほか、県総合体育館のトレーニング室も見学し、施設に近いホテルまでの移動時間などを聞いていた。ほかに愛知県豊田市や兵庫県神戸市、静岡県富士市を候補に挙げている。

 同連盟の強化責任者ジョン・アトキンソンさん(49)は「(キャンプ地を決める上で)選手の負担が軽くなるよう、海外からキャンプ地まで、またキャンプ地から試合会場までの交通の便のよさや地方自治体の支援を重視する」と語った。

 スポーツ大会や合宿を佐賀に誘致する県スポーツコミッションの職員が視察団を案内した。

このエントリーをはてなブックマークに追加