小学生にさまざまな職業を体験してもらう「キッズドリーム基山」で、洋菓子店でロールケーキの生地を平平らに伸ばす仕事に挑戦する小学生たち=基山町の「あびによん」

 小学生にさまざまな職業(しょくぎょう)を体験してもらう「キッズドリーム基山」が19日、基山町内で開かれました。同町内の小学4~6年生61人が、いろいろな業界で活躍(かつやく)するプロの指導(しどう)を受け、働くことの魅力(みりょく)とともに大変さも学びました。

 職業体験を通して、子どもたちの将来(しょうらい)に向けた夢(ゆめ)や志(こころざし)を育むとともに、育ててくれている父母らへの感謝(かんしゃ)の心を持ってもらおうと、町商工会青年部が開き、今回で6回目。同部員ら約50人が町内11カ所の職場(しょくば)に分かれ、日ごろの業務(ぎょうむ)で培(つち)かった技術(ぎじゅつ)や職業意識(いしき)を子どもたちに伝えました。

 このうち、洋菓子(ようがし)店「あびによん」では店主の梁井雅伸さん(36)が、ロールケーキとシュークリーム作りを指導(しどう)。子どもたちは梁井さんの助言を受けながら、鉄板の上でロールケーキの生地(きじ)を薄(うす)くのばしたり、シュー生地の中にカスタードクリームを入れたり、洋菓子作りの現場(げんば)を肌(はだ)で感じていました。

 パティシエになるのが夢(ゆめ)だという天本凜音さん(10)=基山小4年=は「生地を平らにのばすのが難(むず)かしかったけど楽しかった。ますますパティシエになりたくなった」と話していました。(21日付16面)

このエントリーをはてなブックマークに追加