さまざまな世代や障害のある人たちが音楽などで交流を深めようと「かしま福祉フェスタ2017」が26日、鹿島市民会館で開かれる。障害者による演奏会のほか、市民の有志5人による福祉劇の旗揚げ公演が企画されている。入場無料。

 高齢者の割合が高くなる社会で「地域主体の福祉」を面白おかしく考えてもらおうと、市民が劇団を立ち上げた。午後0時50分から初公演を行う。コンサートでは福祉作業所や特別支援学級など9団体が歌や踊りを披露する。豚汁の振る舞いやバザー、子どもたちが楽しめる木工教室やぬり絵などもある。午前10時~午後4時。

 市社協事務局長の打上俊雄さんは「これから大切になる地域の支え合いを考える機会になれば」と呼び掛けている。問い合わせは市社協、電話0954(62)2447。

このエントリーをはてなブックマークに追加