力作225点が並ぶ会場=佐賀市立図書館

 高齢者の生きがいづくりと社会参加を目的とした「高齢者趣味の作品展」が24日、佐賀市立図書館で始まった。市内に住む60歳以上の作品225点が並ぶ。28日まで。

 最も作品数が多いのは100点出品された手芸の部で、愛らしい木目込み人形や仲間と力を合わせたタペストリーなど多彩な作品が並ぶ。滋味深い書や油絵の大作もあり、最高齢者賞には昨年に続いて書の部の福島チヱさん(104)が輝いた。

 友人の作品を見に来場した空閑徹さん(75)は「つい年齢を見てしまう。90代の人もしっかりした作品を出しているので、自分も元気で長生きしたい」と話していた。

 各部門の最優秀賞は次の通り。(敬称略)

 【絵画】徳永保廣【写真】池上宣子【書】古賀奈津子【手芸】つぼみ荘デイサービスみつのり【工芸】森山百合子

このエントリーをはてなブックマークに追加