タイラギの生息状況が報告された佐賀県潜水器業者会の会合。6季連続休漁が決定的となった=藤津郡太良町の県有明海漁協大浦支所

 佐賀県有明水産振興センターは24日、有明海に生息する高級二枚貝「タイラギ」の生息状況調査の結果を公表した。佐賀県沖の漁場55カ所で定点観測し、タイラギの成貝はわずか1個にとどまった。資源回復の兆しが見られないため、漁業者は独自の生息調査をしない方針で、6年連続の休漁が決定的となった。

 調査は10月11日から11月14日まで実施し、1地点当たり100平方メートルですべての生き物を採取した。稚貝は5地点で確認し、最大16個だった。漁の目安となる「1地点で成貝100個」には遠く及ばなかった。

 調査結果は、藤津郡太良町で開かれた県潜水器業者会の会合で報告された。同会は県の調査結果を受け、例年独自の漁期前調査を行っているが、県有明海漁協大浦支所の運営委員長も兼ねる弥永達郎会長は「状況を踏まえると調査をやる価値はない。おそらく休漁になるだろう」と語った。会議でも調査を求める意見は出なかったという。

 休漁は27日に佐賀、福岡両県の漁業者で協議し、正式決定する。福岡県側の潜水器業者会も独自調査を見送る方針。弥永会長は「少しでも再生の兆しがあればいいが、むしろ悪い方に向かっている。後継者もできず、日本一とまで言われた潜水技術が途絶えてしまうのが怖い」と強い危機感を吐露した。

このエントリーをはてなブックマークに追加