佐賀大学農学部の学生と県内の農家が一緒に農産物や加工品を販売するイベント「佐賀大学マルシェ」が12月2日午前10時から、佐賀市呉服元町の656広場で開かれる。屋台が並び、子ども向けクイズなどのイベントもある。

 生産者と消費者との交流や街中のにぎわい創出を目指し、今年で3回目。県産の野菜や果物をはじめ、トマトやミカンのジュース、焼き芋、お好み焼きなどを販売する。購入した商品を学生が自宅まで届けるサービスもある。

 イベントは、餅つきやコメの重量当て、くじ引き、アカペラサークルの公演など。雨天決行で、午後4時まで開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加