杵藤版 探鳥日記 コゲラ

 冷たい風が身に染みる季節となりました。今回取り上げるのは「コゲラ」というキツツキの仲間です。キツツキというと山奥に行かないと見られないイメージがありますが、コゲラは街中の公園などでも普通に見ることができます。

 特に寒くなると木の葉っぱが落ちて、コゲラの観察がしやすくなります。大きさはスズメほどしかなく、よく見ないとこれがキツツキの仲間だと信じられないかもしれません。

 ポイントは鳴き声。「ギィー」という古いドアがきしむような音が樹上から聞こえてきたら、見上げてみてください。それはコゲラの鳴き声です。(中村さやか・日本野鳥の会佐賀県支部事務局長)

このエントリーをはてなブックマークに追加