日本新聞協会の第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」の佐賀県内審査に合わせ、県NIE推進協議会は独自の「県NIE推進協議会賞」を設け、中学生の3作品、高校生の6作品を選んだ。学校賞には唐津西高と小城高を選んだ。

 県内の中高生879人が応募し、多久島文樹小城中教頭と光武正夫厳木中教頭が佐賀市の佐賀新聞社で審査した。中学部門は「自身の学習や生活体験と結びつけ、素直な気持ちを表現している」、高校部門は「学校を挙げて新聞に親しむ継続的な取り組みの効果が表れている」と講評した。

 受賞者は次の通り。(敬称略)

 【県NIE推進協議会賞】中学の部 阿野尾弥瑳(厳木2年)、金丸晃子(小城3年)、樋渡紗幸(同)▽高校の部 山田梨奈(唐津西1年)、岡崎実咲(同2年)、吉田理子(小城2年)、古賀日菜子(同)、山田桃香(同)、井上陽菜乃(唐津西3年)

 【学校賞】唐津西高、小城高

このエントリーをはてなブックマークに追加