大相撲の横綱日馬富士関による暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)は23日、九州場所12日目のNHKテレビ中継の解説を行う予定だったが、取りやめとなった。NHKの広報担当者は「番組の出演者については総合的に判断しています」と、変更理由を明かさなかった。

 貴乃花親方は報道陣の取材に無言だった。解説は舞の海秀平氏(元小結)が代役を務めた。同親方は貴ノ岩関の被害届提出を問題発覚まで日本相撲協会に報告しないなど、不可解な行動があり、22日には協会危機管理委員会による貴ノ岩関への聴取協力の要請を拒否した。

このエントリーをはてなブックマークに追加