タナゴの種類の中でも大型の「カネヒラ」を狙い、神埼市の小川を訪れた。 タナゴは、世界最小の釣り対象魚といわれている。日本での歴史は古く、趣味の釣りとして、江戸時代には楽しまれていたとされる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加