21日に佐賀県神埼郡吉野ヶ里町石動の長崎自動車道上り線で発生したトラック同士の事故で、高架下に転落した家業手伝いラシッド・ハーンさん(21)=多久市南多久町下多久、アフガニスタン国籍=が22日午前2時半ごろ、搬送先の佐賀市内の病院で死亡した。死因は出血性ショックだった。

 佐賀県警高速隊によると、ラシッドさんは、中古車の販売や解体業を営む父親の運転で、福岡県内の車のオークション会場に向かう途中だった。

 ラシッドさんは追突されたトラックの助手席に乗っていて約13メートル下の町道に転落した。トラックはエンジンの不具合で低速走行をしていたといい、降りようとしていたか、車外で作業をしていた可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加