米国のロボット開発企業「ボストン・ダイナミックス」をご存じですか。蹴られても倒れない4足歩行型ロボットや、すさまじいスピードで走る4足ロボットなどユニークなロボットの開発で有名なので、会社名は知らなくても、ロボットの映像を見たことがある方は多いかもしれません。6月にはソフトバンクが買収合意したと発表し、話題になりました。

 そんなボストン社の人型ロボット「ATLAS(アトラス)」がバック転する動画が公開され、大きな反響を呼んでいます。

 もともと災害現場での捜索や救出を目的に開発されているロボットとして有名でしたが、バージョンアップして、ついに宙返りができるまでに進歩しているのです。

 その動きは体操選手を想起させるほどで、ぜひ一度ご覧になってみてください。「中に人が入っているのでは」と疑いたくなるようなスムーズな動きです。

 動画は「アトラス バク宙(バック転)」で検索すると、すぐ見つかります。(パソコン教室経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加