太鼓を演奏する高等部の生徒たち=佐賀市鍋島町の県立ろう学校

 佐賀市鍋島町の県立ろう学校で19日、文化祭があった。聴覚障害のある生徒19人が自主制作の動画や劇、学習の成果などを発表した。

 高等部の生徒5人は「学園 STORY(ストーリー)」と題して、文化祭の太鼓演奏に向けて絆を深めていく動画を制作。テレビアニメやタレントのコントを内容に取り入れ、ユーモアを含めて展開し、会場を沸かせた。上映後は太鼓を生演奏し、3年の古賀郁哉さん(18)は「いい発表ができた。練習は難しかったけれど、リズムが合った太鼓演奏は楽しかった」と喜んだ。

 高等部の発表を見た伊藤加代子さん(57)=唐津市=は「仲の良さが伝わるような息の合った太鼓演奏だった」と話した。

 このほか、中学部による佐賀の魅力についての学習発表会や幼稚部による音楽劇もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加