唐津市南城内の旧大島邸で25、26の両日、著名人による講演や体験教室などが楽しめる「唐津文化遺産の日」がある。関係者は「大人が楽しめる文化祭。芸術の秋を唐津で過ごして」と呼び掛ける。

 26日は、元電通役員で「ピッカピカの1年生」「セブンイレブンいい気分」などの広告を手がけた杉山恒太郎さんが講演する。「シビックプライド 世界の街ブランディング」のテーマで、唐津の町づくりの方向性について語る。25日には、日本酒「鍋島」で知られる富久千代酒造の飯盛直喜社長も登壇する。

 体験教室では、革の巾着やしめ縄、クリスマスリースなどを作ることができる。金継ぎした器などの展示もある。

 唐津文化遺産の日実行委員会の坂本直樹さん(53)は「窯元ツーリズムと合わせて、唐津の文化芸術にゆっくり浸って」と話す。問い合わせは同実行委事務局、電話090(5385)0073。

◇スケジュール◇

■25日(土)

 かみものの展示販売(午前11時から午後5時)▽アーティフィシャルフラワー展示販売(同)▽飯盛直喜さんによる鍋島・酒づくり講演会(午後4時から午後5時)

■26日(日)

 しめ縄の展示販売(午前11時から午後5時)▽皮革工芸の展示販売(同)▽杉山恒太郎さんによる地域ブランド講演(午後1時半から午後3時)▽徳淵卓さんによる日本茶講座(午後4時から午後5時半)

■両日開催

 お抹茶とお菓子の販売(午前9時半から午後4時)▽盆栽の展示販売(午前11時から午後5時)▽金継ぎした器の展示(同)

このエントリーをはてなブックマークに追加