次世代を担う子どもたちの成長応援や環境活動に取り組む一般社団法人「九電みらい財団」が、2018年度の助成団体を募集している。子どもや子育て世代を支援している九州の非営利団体が対象で、1団体あたり100万円を上限に援助する。

 同財団は16年5月に発足。本年度の助成は、総額1400万円・20件程度を予定している。体験を通して子どもの協調性や郷土愛を育んだり、子育て世代と地域のつながりを醸成したりする活動が対象となる。17年度は県内から「poco a bocco(ポコ・ア・ボッコ)」=佐賀市=と「心ゆるり」=みやき町=が助成を受けた。

 応募締め切りは12月26日で、応募用紙は同財団ホームページ(http://www.kyuden‐mirai.or.jp/support/2018/boshu.html)からダウンロードできる。事業計画書や収支予算書、前年度の収支報告書などを添えて郵送で申し込む。問い合わせは同財団、電話092(982)4627。

このエントリーをはてなブックマークに追加