春、旧大島邸の開館セレモニー。心静かに抹茶わんを手にする。窯元取材時など、唐津はお茶を立てていただく機会も多い。不作法をわびてばかりではと昨年、茶道教室に通った。そのかいあったとひとり喜ぶ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加