唐津くんちの写真をボードに貼り付けて準備を進めるスタッフ=佐賀市の佐賀新聞社

 唐津くんち写真展が24日から26日まで、唐津市呉服町商店街南側入り口の特設会場で開かれる。くんち期間中の3日間、佐賀新聞社カメラマンが密着撮影した400枚を一挙展示する。

 14台の曳山(やま)ごとに26枚前後をパネル展示。今年はユネスコの無形文化遺産登録もあって過去最高63万人の人出でにぎわい、曳山の雄姿に加え、曳(ひ)き子の誇らしげな表情をとらえた写真が並ぶ。

 ユネスコ登録を記念して5月、福岡市で開かれた合同巡行に参加した米屋町「「酒呑童子(しゅてんどうじ)と源頼光(みなもとらいこう)の兜(かぶと)」の写真も展示。記念すべき今年を振り返る展覧となっている。

 開場時間は午前10時(24日は正午)から午後5時まで。会場で写真注文を受け付ける。問い合わせは佐賀新聞社唐津支社、電話0955(72)7176。

このエントリーをはてなブックマークに追加