新チームが始動したばかりの唐津東中陸上部

 今月10日の県中学駅伝競走大会で女子が4位と健闘し、エース区間の1区3キロで2年の小松夕夏さんが区間賞の活躍を見せた。この夏には男子が400メートルリレーで全中にも出場した。

 駅伝大会で3年生が引退し、男子10人、女子5人で新たなスタートを切ったばかり。好成績が続く中、引き継いだ新主将の桃崎郁弥さんは「全員がそんな舞台を経験できるように、切磋琢磨(せっさたくま)してみんなで強くなりたい」と高みを目指す。

 顧問の相森孝之教諭(48)は「まじめで明るく、前向きに取り組む姿勢がある」と期待を寄せる。中高一貫校で、競技を続ける3年生は高校生との練習に励む。

このエントリーをはてなブックマークに追加