佐賀県警は10月22日に投開票された衆院選の選挙違反取締本部を21日に解散した。本部が設置された9月29日以降、計17件を警告、2015年の前回衆院選より4件少なかった。

 内訳は、事前運動が前回比2件増の2件、指定場所以外にポスターを貼るなどの文書掲示が4件減の13件、有権者宅にビラを配るなどの文書頒布が2件減の2件だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加