右腕と右足を骨折し、佐賀市内で入院中の民進党衆院議員、原口一博元総務相(57)=佐賀1区=は10日、自身のフェイスブックやホームページなどで、検査の結果、骨の遺伝性難病と診断されたことを公表した。関係者によると、骨が折れやすくなる国指定の難病とみられる。

 原口氏は佐賀新聞の取材に、「同じような病を抱えている人は少なくない。親族が差別を受けるかもしれず、公表は難しい面もあった」と心情を吐露した。その上で「あえて公表することで病で悩んでいる人たちに元気や勇気を与え、共有することができればと思った」と述べた。

 今後については、「(骨折の)手術は成功して、年明けには復帰する」と語った。党障がい・難病政策推進議連会長を務めており、「一層力を入れていきたい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加