花壇に花を植えていく「ゆめさが大学」の受講生ら=佐賀市の草場公園

 高齢者の学習や社会参加を目指す「ゆめさが大学」の6期生14人が16日、佐賀市駅前中央の草場公園の花壇に花を植えた。通勤者や観光客を鮮やかな花々で迎える環境づくりにつなげた。

 公園東の道路沿いの花壇に、土に水を注いでほぐしてから、横約10メートルにシクラメンやビオラ、ノースポールなど10種類を等間隔に3列に並べて植えていった。同大の6期ガーデニング部の森伸代さん(68)=武雄市=は、「通る人たちに癒やしのひとときを与えられれば」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加