取材に応じる横綱鶴竜関の師匠、井筒親方=21日、福岡市城南区の井筒部屋宿舎

 大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、平幕貴ノ岩関が負傷した秋巡業中の酒席に同席していた横綱鶴竜関の師匠、井筒親方(元関脇逆鉾)が21日、福岡市城南区の井筒部屋宿舎で取材に応じ、「相撲ファンの皆さんにご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪した。

 問題発覚後、表に出てこない貴ノ岩関に疑問を呈し「被害者であればきちんと説明するなり、状況を知らしめることは大事だ。言わなければ周りの情報だけで誤解ばかり。早く出てきて、説明するのがベストだ」と言及した。

 井筒親方によると、九州場所を全休する鶴竜関は12月3日からの冬巡業に参加する予定という。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加