成人向け雑誌の販売中止について記者会見し、握手するミニストップの藤本明裕社長(左)と千葉市の熊谷俊人市長=21日午前、千葉市役所

 ミニストップのマーク

 コンビニ大手「ミニストップ」(千葉市)の藤本明裕社長と、千葉市の熊谷俊人市長は21日、市役所で記者会見し、12月1日から市内の全43店で成人向け雑誌の販売を中止し、来年1月からは全国約2200店に拡大すると明らかにした。

 藤本社長は「子連れでの入店をためらうという声は以前からあった。社会インフラであるコンビニの使命として、誰でも安心して使える店づくりをする」と説明。熊谷市長は「これを契機に、青少年や女性が快適に過ごせる取り組みが広がってほしい」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加