昨年9月、体が不自由な妻=当時(71)=を鹿島市の自宅で殺害したとして、殺人罪に問われた無職江口末秋被告(71)=同市納富分=の裁判員裁判で、佐賀地裁は20日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。佐賀地検、弁護側双方とも控訴しない方針とみられる。

 弁護側は公判で、妻ヤス子さんが殺害されることを承諾し、江口被告は心神耗弱だったと主張していた。吉井広幸裁判長は判決理由で「妻は犯行時までに承諾した様子は一切なく、強く抵抗することが困難な状態だった」「犯行当時、被告に合理的な行動を取る思考力や判断力が残されていたと考えられる」と述べ、いずれの主張も退けた。

 一方で「被告は孤立し、前途を悲観して心中を決意した。適切な支援が行き渡るような医療や公的支援、地域社会のより良い仕組みがあれば犯行は避けられた」と指摘した。20年以上に及ぶ介護や、同様の事件の半数以上が執行猶予となっている点を踏まえて量刑を判断したと説明した。

 吉井裁判長は判決を言い渡した後、「決して早まったことは考えず、天寿を全うするまで奥さんの冥福を祈り続けて」と説諭した。

 判決によると、江口被告は昨年9月8日午前2時ごろ、自宅でヤス子さんの首を延長コードで締めて殺害した。

このエントリーをはてなブックマークに追加