有田焼窯元が薪(まき)を使った昔ながらの窯焚(た)きを公開する「焱の響演 薪窯めぐり」が25、26日、有田町内5窯元で開かれる。熟練の職人が炎と格闘する有田ならではの景色を見せる。

 22日に開幕する「秋の有田陶磁器まつり」(26日まで)に合わせて行う。公開するのは今右衛門窯(25日午前8時から30分ごとに4回)、柿右衛門窯=25日午前9~午後4時)、源右衛門窯(25日午前8~午後5時)、有田ポーセリンパーク天狗谷窯(26日午前10~午後4時)、深川製磁谷窯(予約終了)。

 陶磁器まつり期間中は日本磁器発祥の地、泉山磁石場の特別開放があるほか、町内各商店会や窯元の企画などもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加