優勝を果たした基山の選手たち=みどりの森県営球場

 第1回大会覇者の基山が王者に返り咲いた。1点リードして迎えた七回表。飛松翔平が最後の打者を三ゴロに打ち取ると、左翼・関萌聖が真っ先にホームに駆け寄り、飛び跳ねて優勝を喜んだ。選手たちに一気に笑顔が広がった。

 投手戦となった諸富との決勝。「緊張が強かったが、投げてみると調子の良さを感じた」と、飛松は先頭打者を1人も出塁させない好投を見せ、リズムをつくった。

 ただ、終盤六回に窮地が訪れた。長打を許し1死二、三塁。「抑えることだけを考えよう」と冷静に対処し、得点を与えなかった。「安定感はチーム1。受けていて楽しかった」と主将で捕手の副島颯太は絶大の信頼を寄せる。

 予選から苦しい試合が続き、七回2死から逆転した試合もあった。本戦では、試合ごとにヒーローが替わる好循環。全員野球で頂点まで勝ち上がった。副島主将は「高い守備力も打撃力もないが、チームワークでは負けない」と話し、3月の九州大会制覇に闘志を燃やした。

このエントリーをはてなブックマークに追加