バレーボールのプレミアリーグ女子は19日、神奈川県の川崎市とどろきアリーナなどであり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)は3-0でNECレッドロケッツにストレート勝ちし、開幕からの連勝を9に伸ばした。勝ち点26で暫定1位。

 久光製薬は第1セット、WS新鍋理沙と野本梨佳のスパイクと安定したレシーブでリード。途中追いつかれたが、最後はWS石井優希が決め、26│24で先取した。

 第2セットは5点のリードを許したものの、中盤にMBアキンラデウォと森谷史佳の6連続得点などで勢いを取り戻し、26-24で連取。第3セットはリベロの戸江真奈らが粘り強くボールを拾って点差を広げ、25-19で制した。

 久光製薬は25日、山形県の小真木原総合体育館で上尾メディックスと対戦する。

 ▽女子

久光製薬(26)

3 26―24 0

  26―24

  25―19

NEC(10)

デンソー(12)

3 21―25 1

  25―14

  25―21

  25―18

上尾メディックス(11)

JT(18)

3 25―14 1

  23―25

  25―18

  26―24

東レ(10)

日立(7)

3 25―20 2

  24―26

  18―25

  25―22

  15―10

トヨタ車体(14)

 ▽男子

パナソニック(22)

3 20―25 1

  25―16

  25―20

  25―21

豊田合成(16)

このエントリーをはてなブックマークに追加